乾燥肌・かゆみ対策のセラミドサプリ口コミ

乾燥肌・肌のかゆみをなおすには正しい保湿ケアを

乾燥肌は肌のうるおいが足りてないんだろうな〜ということはなんとなくわかると思いますが、肌がかゆくなるのも実は同じ理由だったりします。

 

それに、小じわやほうれい線、ニキビ、肌荒れなどの肌トラブルも保湿が足りていないのが原因のひとつ!

 

 

しっかり保湿ケアしてるのになぜ…?


 

保湿ケアをきちんとしているのに肌が乾燥したりかゆみがあるのは、保湿のやり方が間違っているのかも。

 

この記事では保湿が足りていない状態とはどんなものなのか、保湿ケアの正しい方法はどうすればいいのかをしっかり説明していきますね。

 

保湿がしっかりされている肌ってどんな状態?

 

保湿された肌とは?

 

保湿とは肌の水分量を健康な状態に保つことです。

 

保湿されている肌とは、

  • 肌に適量な水分がある
  • 保湿成分により水分が肌の中につなぎとめられている
  • 油分によって、肌にある水分の蒸発を防ぎ、保持されている

状態をあらわします。

 

じぶんで確認するための目安としては、チェッカーで水分量を計測したときに、水分量が20〜30%以上あれば良い状態といえます。

 

参考:水分チェッカーで水分量が30%以上ある状態
顔(頬)の水分量チェック

 

保湿がされていない肌とは?

 

保湿がされていない肌とは、肌の保湿力が低下し、定常化している状態です。

 

具体的には、乾燥肌、インナードライ肌(表面は脂っぽいが水分は不足している肌)、敏感肌、くすみ、ほうれい線、毛穴の黒ずみ、肌荒れなどが挙げられます。

 

 

軽度であればスキンケアでの改善も見込めますが、ひどくなってくるとスキンケアだけでの改善は難しくなります。


 

肌が乾燥するのは「肌が水分を保つ働きが低下してる」からです。この状態で水分だけ補っても保持できず、すぐ乾燥してしまいます。
だから、肌が水分保つ働きを回復させてやるのが大事なんです。

 

原因としては

 

  1. 水分蒸発を防ぐ皮脂が減っている
  2. 角質層が傷ついて細胞間脂質が流出してしまっている
  3. ターンオーバーが乱れて細胞間脂質やNMFの生産が減っている
  4. 加齢、睡眠不足、食生活の乱れ、ストレス、紫外線

 

などが挙げられます。

乾燥肌や肌がかゆくなるのは保湿が間違っていることが多い

NGケアしてない?
肌の水分量が減っている状態、いわゆる乾燥肌や、肌が痒い状態ですが、保湿を全くやっていないというのも原因ですが、間違った保湿をしているケースもあります。

 

間違った保湿とは、簡単にまとめると次の2つになります。

  •  水分や保湿成分を充分に与えてない
  •  水分、保湿成分、油分を与える順番が違う

 

この保湿ケア、正しい?間違ってる?

 

洗顔後はしっかり水分を補うために、たっぷり化粧水をつけたり、二度づけしている

化粧水は、適用量が記載されています。それ以上は肌に浸透しないので、蒸発しているだけとなりもったいないです!推奨量を使用しましょう。

化粧水はしっかり浸透させて肌が引き締まるするようにパッティングしている

パッティングがブームになったこともありますが、パチパチ叩くと刺激や摩擦になり、肌荒れの原因となります。化粧水は押し当てるようになじませるようにしましょう。

 
保湿クリームをたっぷり塗って、肌が乾燥しないようにしている

乾燥した肌にまず必要なのは、水分や保湿成分です。クリームをたっぷり塗ってしまうと水分・保湿成分が行き渡らなくなってしまいます。クリームを使うときは、化粧水などで水分・保湿成分を浸透させたあと、最後にうすく伸ばしてつけます。 肌の状態をよく見て、生理前は皮脂の分泌が増えるので油分は控えめにする、加齢で乾燥してきたのならセラミドを含む美容液を追加する、冬などは目元口元にクリームを重点的につけるなどの工夫をしましょう。

 

ニキビ・脂性肌だから乳液やクリームは使わない

ニキビやテカリの原因も乾燥です。化粧水だけでは保湿成分が足りず、ニキビや油性肌になることも。化粧水だけでなく、美容液や乳液なども使いましょう。

ずっと同じ化粧品をつかってる

化粧品は、ある程度ターゲットの年齢があり、年齢にあった成分・分量が配合されています。年をとると、肌の水分量が減り、保持もしにくくなります。そのため、年齢層が高くなるにつれて、水分を補うような成分が多く配合されるようになります。化粧品を選ぶときは、自分の年齢にあったものを選びましょう。

正しい保湿とは

正しい保湿の基本

 

正しい保湿とは、水分と保湿成分を肌に届けることが大切です。

 

 

保湿成分とは「細胞間脂質」「NMF(天然保湿因子)」「皮脂」のことです


 

「細胞間脂質」の主成分はセラミド。「NMF(天然保湿因子)」の主成分は、アミノ酸(プロリン、アルギニン)や、PCA(ピロリドンカルボン酸)。これらは高い保湿効果があります。
ですから、まずはセラミド、アミノ酸、ピロリドンカルボン酸といった保湿成分を肌に補給します。

 

そして、少なくなった「皮脂」を補うために、油脂成分を肌に与えます。

 

皮脂は毛穴にある皮脂腺から分泌していますが、洗顔によって大部分が失われてしまいます。

 

失われた皮脂の代わりとして、油分を含んだ乳液やクリームで補います。

 

 

保湿が化粧水だけではダメな理由はこれなんですね


 

正しい保湿の手順

 

お肌に水分を与える→保持する→蒸発を防ぐの順番で保湿ケアをするのが正解です。

 

 

  1. 洗顔後、すぐに水分をタオルで吸収させる

    洗顔後は、肌がとても乾燥しやすい状態です。ゴシゴシこすらないよう、そっと顔にタオルを押し当てるようにして水分を吸収させます。

  2. 化粧水をつける

    洗顔後は化粧水をすぐにつけます。化粧水の成分は、水(グリセリンなど)+保湿成分(アミノ酸、ヒアルロン酸、コラーゲンなど)が配合されているものを使います。

  3. 美容液をつける

    美容液には豊富な保湿成分が配合されており、肌の保湿にはとても有効です。小じわや肌のくすみが気になるなら、積極的に使ってみましょう。順番は、化粧水のあと、油分のある乳液やクリームより前に使います。成分はセラミド、プロテオグリカン、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンなどがあります。

  4. 乳液またはクリームで油分

    乳液よりもクリームのほうが油分が多くなっています。肌の状態に合わせて使い分けましょう。皮脂に近い成分のスクワランやホホバ油、椿オイル、オリーブオイル、シアバターなどがおすすめ※セラミドを化粧品でとるなら、クリームがおすすめ。セラミドは油溶性の成分なので、油分多いクリームによく配合されています

 

 

オールインワンの化粧品は便利ですが、保湿させたい人には向いていません。肌の状態がよくなるまでは、水分・油分をわけて順番に肌に与えましょう

 

 

 

化粧品に含まれる主な保湿成分の分類

 

  • エモリエント(蒸発を防ぐ)

    アーモンド油、アボガド油、オリーブ油、オレイン酸、カカオ油、ごま油、サフラワー油、サザンカ油、シアバター、ジヒドロコレステロール、スクワラン、ステアリン酸コレステリル、月見草油、ひまわり油、ひまし油、ブドウ種子油、フィトスフィンゴシン、ホホバ油、乳酸Na、パルミチン酸イソプロピル、ミリスチン酸お口ドデシル、マカデミアナッツ油、ミンク油、ミネラルオイル、メドウフォーム油、ユーカリ油、ラノリン、リノール酸、ローズヒップ油、ワセリン

  •  

  • 水分保持(水分を挟み込む)

    セラミド、フィトスフィンゴシン、ステアリン酸コレステロールなど

  •  

  • 水分保持(水分を抱え込む)

    ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチン、ヘパリン類似物質

  •  

  • 水分保持(水分を吸着)

    アミノ酸、尿素、ソルビトール、グリセリン、BG

 

保湿にとってマイナスになる成分

 

化粧品によく配合されていますが、保湿という点でみるとマイナスになってしまう、乾燥肌には刺激が強い成分もあります。
購入時に気をつけましょう。

 

  • ビタミンC誘導体

    肌の酸化を防ぐ役割があり、美白作用やコラーゲン生成をサポートする成分です。美白化粧水などによく配合されています。刺激があり、乾燥肌や荒れている肌には使いにくく、保湿力は期待できません。特に、乾燥肌や敏感肌の人は注意しましょう。

  • ビタミンA誘導体(レチノール、レチノイン酸トコフェリル)

    ターンオーバーを促したり、コラーゲン生成をサポートする成分です。しかし、保湿は期待できず、肌にも刺激があるため、使用には注意しましょう。

顔以外の体のパーツ別保湿対策

手やひじ、ひざなど、顔以外の部分もしっかり保湿対策をしましょう。

 

  • 手肌

    肌荒れしやすい部分です。ハンドクリームを塗ったり、水を使うときは手袋で乾燥を予防します。
    手湿疹や進行性指掌角皮症などの手荒れがひどい状態であれば、皮膚科を受診し保湿剤やステロイドを処方してもらいましょう。


  • 乾燥すると縦線がめだち、老けた印象になりますし、ささくれも出来やすい部分です。リップクリームで対策をしましょう。

  • 肘・膝・かかと

    皮脂腺が少なく、皮脂の分泌が不十分な部位です。衣服とのこすれや、ひじをつく癖などで角質が厚くなりがちです。乾燥もしやすいため、尿素配合のボディクリームを塗ったり、厚くガサガサ・カチカチになってしまったらピーリングで角質ケアをします。

  • 頭皮

    うっかり忘れる部分ですが、頭皮も乾燥します。薄毛や抜け毛のトラブルの原因になったり、おでこのシワ、まぶたのたるみなどにも影響します。頭皮も忘れずに保湿ケアをしましょう。

生活習慣でケア

外側を化粧品でケアするだけでなく、内側からの保湿ケアも大切です。

 

保湿機能が落ちる原因は、間違った洗顔・スキンケアによって肌のターンオーバーが乱れてしまうからです。

 

ターンオーバーを整えると、ターンオーバーで生産される細胞間脂質やNMF(天然保湿因子)が増えるので、保水機能が高まります。

 

この、ターンオーバーを整えるためには、化粧品のケアだけでなく、内側(生活習慣)の見直しも大切です。

 

具体的には、

 

  •  睡眠をしっかりとる
  •  適度な運動や入浴で血行をよくする
  •  ターンオーバーを促す栄養素(ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、亜鉛)を積極的に摂る
  •  タバコを吸わない
  •  ストレスの少ない生活を心がける
  •  加湿器などで部屋の乾燥を防ぐ
  •  日焼け止めなどで日焼けを防ぐ
  •  ひどいときは病院をきちんと受診する

 

といった点に気をつけましょう。

 

 

 

 

 

page top